写真撮るのに3時間待ち!?リオデジャネイロからペドラドテレグラフォへの行き方

どーも!360度トラベラーのかなやん(@kyanatabi)です!

 

ブラジルのリオデジャネイロから4時間ほど移動したところに「ペドラ・ド・テレグラフォ」という観光地があるんですが、そこでは危険なように見えて面白い写真が撮れるんです!

 

日本人にはまだまだ知名度は低いスポットですが、ブラジル国内ではかなり人気の観光地となっています。

 

ペドラ・ド・テレグラフォではどんな写真が撮れるのか、リオデジャネイロからの行き方も合わせて紹介します。

ペドラ・ド・テレグラフォへの行き方

リオデジャネイロ市内からペドラ・ド・テレグラフォまでは、地下鉄とバスを乗り継いで行きます

  1. 地下鉄のL1・L4のJardim Oceanico行きに乗って終点まで
  2. Jardim OceanicoでBRTに乗り換える(BRTは複数あって、Terminal Alvoradaを通るものに乗る。22番など)
  3. Terminal AlvoradaでSanta Cruz方面のBTRに乗り換え
  4. Ilha de Guaratibaで下車
  5. 高架下に降りて867番のバスに乗る
  6. 終点で降りる
  7. 登山

行程はこのようになり、料金は片道15.5レアル(約450円)です。

 

また、Ilha de Guaratibaから登山口までバイクタクシーで行くこともできますが、料金はその分高くなります。

運転手に行き先確認を

BRTやバスに乗る場合、行き先を間違えないように注意しましょう。

 

運転手に「ペドラ・ド・テレグラフォ」みたいに、行きたいところを言えば、大丈夫だよ!とか行かないよ!みたいなジェスチャーで教えてくれるので、もしポルトガル語が全然わからなくても、乗る前に確認したほうがいいです。

頂上まで登山

ペドラ・ド・テレグラフォで面白写真を撮るには、頂上付近までの登山が必要です。

 

この登山でかなり役立つのが「maps.me」というアプリ!

 

旅をよくする人なら聞いたことある方も多いと思いますが、オフラインで地図を見ることができるアプリです。

ペドラドテレグラフォのmaps.me

maps.meでペドラ・ド・テレグラフォを検索すれば全ルートが出るので、それに従いましょう。

ペドラドテレグラフォ

これがペドラ・ド・テレグラフォへの登山道の入り口です。

 

あとはひたすら登るだけですが、登山といってもそんな険しい道ではありません。

ペドラドテレグラフォの登山道

だいたい2kmぐらい、1時間ほど登りますが、軽いハイキングだと思ってもらえれば大丈夫です。

待ち時間があることも

道に迷うこともなく、無事に頂上付近に到着したんですが、まさかの行列が。。。

f:id:yk10bb89:20180706125401j:plain

見たところ30人待ちぐらいだったので、すぐ順番回ってくるだろうなと待っていましたが、全然進まない((((;゚Д゚)))))))

 

結局、写真を撮るまで3時間もここで待たされました。

 

ブラジル人には人気の観光地らしいので、ある程度の待ち時間は覚悟したほうがいいのかもしれません。

面白写真を撮ろう!

順番が回ってきたら、ペドラ・ド・テレグラフォのメインイベントである写真撮影です。

ペドラドテレグラフォ

必死で捕まる写真。

ペドラドテレグラフォ

余裕こいて片手離しちゃった写真。

 

合成のように見えますが、一切合成はしていません!

 

私がめっちゃ筋肉に自身があって、こんな危険なことをしているわけではなく、ちゃんとカラクリがあります。

f:id:yk10bb89:20180709152928j:plain

着地。。。

 

足場がすごく近くにあるのが、ペドラ・ド・テレグラフォの面白写真に隠されたカラクリです。

 

中には、岩場からジャンプして、まるで飛び降りているような写真を撮っている人もいたんですが、足場はちょっとでこぼこしてるし、ジャンプするにはちょっと高いので、捻挫には気をつけないといけません。

 

写真を撮るときは、誰かと一緒に行ってる場合はその人に頼むか、次の順番の人に頼む、もしくはこの岩場のところに専属カメラマン(よく観光地にいる、撮った写真を販売しますっていう人)がいて、その人に自分のカメラを渡して撮ってもらうことも可能です。

写真を撮るコツ

ペドラ・ド・テレグラフォで面白写真を撮るコツは、いかに足場や下の草を映さないように撮るかです。

 

足場などが映ってしまうと、危険さが半減してしまうので、背景の海と掴まる岩場だけが映る写真を目指しましょう。

 

専属カメラマンは撮り慣れているのでうまく撮ってくれますが、後ろの人に頼むときなどは、しっかり画角を説明してから撮るといいですよ!

リオデジャネイロから日帰り観光も可能

リオデジャネイロからペドラ・ド・テレグラフォまでは片道4時間ほどかかりますが、日帰り観光も十分可能です。

 

午前中にリオを出れば、夕食の時間ぐらいには戻ってこれます。

 

写真撮影での待ち時間も考えて、なるべく早く出ることをオススメします。

さいごに

リオデジャネイロから片道4時間かかるので少し遠いと思ってしまう方もいるでしょう。

 

 

しかし、片道500円程度で行けて、こんな面白い写真が撮れるのはかなりいい思い出になりますよ。

 

ペドラ・ド・テレグラフォのカラクリを知らない人に、この写真を見せたらきっと驚かれるはずです!

 

ぜひリオデジャネイロを訪れたら、このペドラ・ド・テレグラフォにも足を運んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です